地理試験について|決して難しいものではない|タクシー求人なら【求どら】 

タクシー求人・転職情報サイト求どらトップ>地理試験について

東京都(特別区、武蔵野市、三鷹市)・大阪の一部のエリアで、タクシー運転手になるには、地理試験に合格しなければなりません。普通免許だけでは乗務できません。地理試験には新任研修受験と一般受験がありますが、未経験での入社の方は新任研修受験となります。地理試験はタクシー運転手になる際の最後の試験です。

問題内容・効力

問題内容
道路、地名、著名な建造物、公園、名所、旧跡、鉄道の駅の所在など、筆記試験により40問出題され、合格基準は32問以上の正解(正解率80%)となっています。
効力
試験に降格した日から2年間。

地理試験は難しいものではない!

上記でもお話した通り、各社の試験対策等をしっかり勉強してさえいれば、決して難しいものではありません。
しかし、人は試験と聞くと必要以上にプレッシャーに感じてしまい、失敗をしてしまったりするものです。それは誰もがそうです。一発で受からないとって思っていたら、そのプレッシャーはさらに倍増です。

こう考えてみてはどうでしょう!
今このサイトを見ている方は、タクシー運転手を志している方だと思います。という事は、普通自動車免許をお持ちですよね。あなたが普通免許を取得する時にも試験はありましたよね。その時も一発で合格する方もいれば、2回、3回…と受験して合格した方もいます。しかし、普通自動車免許の試験でずっと受からなくて(特別な理由があれば別ですが)免許取得できなかったなんて方、聞いたことありますか? そんな話聞いたことありませんよね。それは何故かというと、試験慣れしてくる事と、要領がわかってくるからです。

地理試験も同じです。一発で受かる事に越したことはありませんが、気持ち的には1回目は予行練習的な思いで試験に向かうと、ゆとりが出てくると思います。これはある大学教授が言っていた事ですが、『試験に失敗する人の8割が気持ち的な問題である。』
あまり固く考えず、気楽な気持ちと自分に自信を持って臨みましょう!

対策・心構え

対策
入社した会社から問題集等を借りて暗記すれば大丈夫!
その際、主要幹線道路、主要交差点は必ず覚えるようにしましょう。重要です!
心構え
各社の採用担当の方は、何人もの方を合格させている、いわばプロ中のプロです。
なので、試験対策についてわからない事や傾向等きちんと聞く事が大事であり、合格の一番の早道です。