マサヤのかってにいってます。|求どらフリーコラム|タクシードライバーの求人なら転職情報サイト求どら 

タクシードライバー(運転手・乗務員)求人・転職情報サイト求どら>マサヤのかってにいってます。

マサヤのかってにいってます。

こんにちは、ライターのマサヤです。
「マサヤのかってにいってます。」第二回目のコラムのテーマは入社祝金について書かせていただきます。正直私自身、この入社祝金という制度は、良い部分もあるのですが、実際はあまり良くないのではないかと思っているんです。(求どらさんも祝金を出しているので申し訳ないですが・・・・・・)。

良い部分から言うと、転職直後は色々金銭的に大変なので、祝金がある事によって、その大変さを軽減できるというメリットがあるとは思うんです。

しかし、良くない部分だと祝金目的で入社して、ある一定期間が過ぎたら会社を辞めて、また違う会社に祝金を求めて転職をする人がいる。実際タクシー業界に限らず、他業種でもそのような事が横行しているのも事実なんです。

さらに、入社祝金は業界のイメージを損ねる可能性のある制度だと私は思うんです。入社祝金は言い方を変えれば、目の前にニンジンをぶら下げて、うちに来てくれと言っているようなものです。それでは、求職者から「タクシーって、怪しい業界だな。」「何か胡散臭いな。」と思われてしまいます。

もし、このコラムを見ているタクシー会社の方がいらっしゃるのであれば、私は声を大にして言いたい。入社祝金なんて言うものが無くても、タクシー業界の待遇は、他業種と比べてもかなり高待遇です。またタクシーの勤務体系は特殊ですが、休みもたっぷりありますし、勤務時間にしたって法令順守の業界なので、サービス残業もなくブラック企業ではありません。むしろ優良業種です。もっと自信を持ってほしい。出来る事なら、業界で祝金制度の自粛するような事をやってもいいのではないかと私は思います。

また求どらさんを含めた媒体を運営している方々、たしかに反響を出さなければいけないので、祝金というサービスをつけて、結果を出そうとしているんだと思うのですが、媒体の目的は、1人でも多く入社させる事も1つですが、それ以上に業界のイメージを損なわないよう、むしろイメージアップにつなげる事をするのも大切な役割です。そこを忘れず運営していってほしいです。

実際、これはタクシー業界だけではありませんが、入社祝金制度というのものが一般に広まってからの企業の離職率は、比例して高くなっているというデータもございます。もちろんそれだけが要因ではありませんが、少なからず要因の1つではないかと私は考えます。

私は、前回から「求どら」さんでコラムを書くにあたり、色々タクシーの事を調べましたが、待遇面もそうだし、末永く働けるという点からも、本当に良い業種ですし、将来ロンドンタクシーみたいな、ステータスの高い業種になってほしいと切に願っております。

今回は、固い話になってしまいましたが・・・・・。
次回は、全く違うお話で、タクシーの車輌について話したいと思います。タクシー車輌って意外に高く高級車なんですよ!!!
「マサヤのかってにいってます。」不定期ですが(笑)、次回もお楽しみに!