マサヤのかってにいってます。|求どらフリーコラム|タクシー求人なら【求どら】 

タクシー求人・転職情報サイト求どらトップ>マサヤのかってにいってます。

マサヤのかってにいってます。

こんにちは、ライターのマサヤです。
「マサヤのかってにいってます。」第三回目のコラムのテーマはタクシーの車輌は高級車?です。
よく街で見かけるタクシー車輌。日本で一番多く走っている車輌は、『トヨタ クラウン コンフォート』ではないでしょうか?このクラウンコンフォート、タクシー業界では『キング オブ タクシー』と言われる位、運転のしやすさ・燃費・乗り心地共に優れている車なんです。発売してから結構立ちますが、いまだに現役で走っています。そのクラウンコンフォートをさらに進化させた高性能車が、「クラウン スーパーデラックス」です。こちらの車輌はハイヤークラスの乗り心地をタクシー車輌で実現した革命的な車です。タクシードライバーさんの中には、転職をする際、クラウンを使用している会社に転職を希望される方って結構いるんですよ!

対して、もう1つの雄が『日産 セドリック』です。こちらは対クラウンコンフォートとして作られた車で、若干コンフォートより落ちるものの、それでも性能高い車で、今も現役で活躍されています。こちらの車輌にもバージョンアップ車輌があり『セドリック SV』と言います。私は40歳代なのですが、私から上の世代にとっては、セドリックという名前を聞くと、高級感となつかしさを感じるのではないでしょうか?なぜなら、もうセドリックという車は、一般車両では作られてはいませんので・・・・・。ちなみにタクシー車輌も同様もう生産はされていません。今走っているセドリック車輌が最後で、あと数年後には、無くなってしまうでしょう。寂しいかぎりです・・・・・・。

全国的に『トヨタ クラウン』・『日産 セドリック』の2車種を使用しているタクシー会社さんが多いのですが、その他でもエコという観点から「トヨタ プリウス」や大人数を乗せられる「日産 NV200」、他メーカーですと「マツダ アクセラ」を使用している会社さんもいらっしゃいます。

で、肝心のタクシー車輌は高級車?と言うお話ですが、先日私の知人もタクシー車輌ってそんなに高くないでしょって言われました。
たぶん私の知人がどうのではなく、世の中的にそう思われている方が多いのではないかなと思います。

実際は、タクシー車輌は高級車です。

新車で購入した場合、車種にもよりますが大体1台300万円前後。そこに行灯・料金メーター・カーナビ・カードや電子マネー等の決済機・ドライブレコーダーや車内カメラ等の防犯装備の設置にお金がかかります。例えば、今都内では新型のタクシー車輌「ジャパン タクシー」が導入されています。ちなみにジャパンタクシーのハイグレード版は390万円位します。そこに上記の装備を付けると450万円位の金額になります。それが1台のタクシー車輌の金額です。一般車輌で450万円クラスの車だったらかなりハイクラスな車ですよね!!
タクシー会社さんは1台では会社は出来ません。それが40、50、100台以上車輌を所有している会社さんだったら、凄い金額を車輌に使っている事になりますよね。それでも各タクシー会社さんは、お客様を安全に、快適に乗っていただけるよう、またさらなるサービス向上を考え、高性能の車輌を購入して運営しているんです。これも企業努力なんです。
今回私がこの題名でコラムを書いたのも、よく世間的には、タクシー会社は企業努力をしていないと言われたりしています。しかし、各タクシー会社さんは様々な部分で企業努力をしているという事を皆様に知ってほしい、伝わってほしいと思い書きました。このコラムで少しでも知っていただけたら幸いです。


ちなみに先程ちょっと述べましたが、2017年の10・11月位から都内で、トヨタが開発したタクシー専用車輌「ジャパン タクシー」の運行が開始されました。私も先日乗りましたが、コンパクトな車輌ですが、室内空間はとても広く感じられ、乗り心地もよくとても良い車でした。タクシー業界にとっても、ハイブリットカーなので燃料費の削減につながると期待を集めています。
それに伴い、「クラウン コンフォート」・「クラウン スーパーデラックス」の生産が中止されます。すぐに今活躍しているクラウンが無くなる訳ではありませんが、いずれ無くなると思うと寂しくなります。このジャパンタクシーですが、たしかに良い車です。ただコンパクトカーだけあってタクシーを乗っているプレミアム感といいますか、重厚感と言いますか何か私には物足りなさを感じたのも事実です。ロンドンタクシーみたいに!というのがコンセプトらしいのですが、そこまでする必要性が感じられないと言いますか・・・・・。


例えば、上記で話した車輌は、法人のタクシー会社さんの話です。個人のタクシー車輌は特に車種に規定が無いので、各個人様好きな車をタクシー車輌として使用しています。例えば「レクサス LS」・「ベンツ Eクラス」・「クラウン アスリート」等々。私も時々個人さんのタクシーを乗りますが、たしかに皆さん市販の高級車を使用しているので乗り心地はとてもよく、ハイヤーに乗っている気分になります。私なんて中年ですので、そんな優越感的なものがタクシーにはほしいなと少し思ったりもします。

そんなコラムを書いていたら、求どらさんに掲載中のタクシー会社さんの中に「レクサス導入」という企業さんがあり、おー!!!これだよこれ!!って正直思いました(笑)。で求どらさんの担当者に聞いた所、もちろん全車ではないですが、「クラウン ロイヤル」や「ベンツ」を導入している企業さんもいるみたいなんです。嬉しくなりますね〜!
正直、いずれ全てのタクシー車輌が、ジャパンタクシーだけになると思うと少々残念気持ちがあったので、そのような事を聞くとテンション上がりました(笑)。
今後お金のかかる事なので全車は無理でも、各タクシー会社さん1台でも2台でも、そういった高級車を導入していただけると、私としてはありがたいなと思いました。


次回は、タクシードライバーは本当に稼げるのか!について書きたいと思います。
「マサヤのかってにいってます。」不定期ですが(笑)、次回もお楽しみに!